専門医教育


教授

島根大学脳神経外科
教授  秋山 恭彦

資格

脳神経外科専門医、脳卒中学会専門医、脳神経血管内治療指導医

メッセージ

脳神経外科診療科の定義は、『脳神経外科とは』、脳、脊髄、末梢神経を含むすべての神経系およびそれに関連する骨、筋、血管などの疾病の予防、診断、手術を行う総合診療、リハビリテーションなどを含む機能回復の診療に関与する医療専門領域です。脳神経外科は、2017年〜実施が予定されている新専門医制度のなかでも、基本診療科と定義されていますので、外科でありながら、手術ばかりではなく、予防〜回復期までのトータルケアに関与する診療科です。


1) 島根大学脳神経外科では、脳神経外科専門医育成のために、島根大学単独ではなく、他の大学やセンター病院と連携して、島根大学脳神経外科を教育基幹施設とした大学・病院群教育プログラムを採用しております。この病院群連携教育プログラムによって、脳神経外科の専門医となるための教育を行います。脳神経外科医として必須の手技に加えて、より専門的な診断・治療技術を習得し脳神経外科専門医となることを目指します。最先端治療にも習熟し、安全性と確実性を追求する最先端医療を行う脳神経外科医師を育成します。

2) 病院群教育プログラム制度を採用している理由は、「人的交流は個人のモチベーションを高めうる」とのコンセプトで行っています。島根県内の医療施設で脳神経外科専門医研修を行うことも、もちろん可能です。
 現在島根大学病院単独でも、脳神経外学会規定専門医研修の要件を満たしており、専門医取得に必要とされる症例の経験や手術研鑽が可能です。

3) サブスペシャリティーにあたる専門資格を取得するため高度専門医育成教育は、脳神経外科専門医研修と平行して実施しています。島根大学脳神経外科研修プログラムは、脳神経外科専門医取得後に、2ないし3分野のサブスペシャル領域の専門医資格も取得することを目標にした教育プログラムです。

4) 中枢神経あるいは神経分野の研究に興味のある方には、卒後4年目ないし5年目に大学院博士課程へ入学していただきます。脳神経外科専門医研修と平行で研究を開始し、専門医取得をはさんで、専門医取得の翌年ないし翌々年に研究論文投稿が終了するようなカリキュラムを、各個人の研究内容に応じて作成します。


最後に・・・

本大学の専門研修プログラムでは、脳神経外科手術手技修得に力を入れています。臨床研修では、担当患者さんの手術には基本的に第一助手として手術手技を学ぶように配慮しています。また、基本的な手術については、外科医師としての実力を身につけるために、なるべく早くから主執刀医として実力をつけてもらう方針で研修の指導を行っています。学会や各種セミナーにもたくさん参加し、グローバルな脳神経外科知識を修得できるような研修をおこなっています。地方大学ではありますが、「脳神経外科プロフェッショナルへの道」を追求します。